Visions

宙を活かし、安全で豊かな社会を実現する

災害、疫病に負けない持続可能な社会を実現する

高い視座を持ち、グローバル・人類全体への貢献を目標とする

私たちの思い

SORA Technology株式会社は、固定翼ドローンを活用し、アフリカやアジアの医薬品配送に関する課題の解決を目指しています。 日本人にとって、必要な時に医薬品や治療をすぐに得られるというのはごく当たり前のように感じるかもしれません。しかし世界には、そのために何時間・何日もかけて都市へと移動することを強いられ、場合によってはその過程で死に至ってしまうことさえ起こってしまう社会も依然として存在します。

ではなぜそのような尋常ではない時間を要さなければならないのでしょうか?その大きな原因の一つとして、道路をはじめとした交通インフラの整備が不十分であり、ものや人が思うように移動できない点が挙げられます。私たちはこの問題に対し、「宙(そら)」に全く新しいインフラを敷くことこそが、解決の大きな糸口であると考えています。

弊社は2020年に創業したばかりの非常に新しい会社ですが、ゲイツ財団/三菱UFJリサーチ&コンサルティングによるWelco Labイニシアチブに参画したり、「グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同」13名のうちの1人として、菅義偉首相に嘆願書を提出したりするなど、国内外、官民問わず、様々なパートナーとの協働によって世界の変革を目指していこうと努めています。

ビジョンにもあるように、私たちが究極に目指すところは「宙を活かし、安全で豊かな持続可能な社会」の実現です。私たちは、宙のインフラの存在意義は、医薬品配送に決して限定されず、将来的には現在のインターネットの如く、社会を大きく変革し得る大きなポテンシャルを有する存在と考えています。弊社は、ドローンや空飛ぶクルマを、単純な道具、もしくはビジネスポテンシャルのあるもの、という認識を超えて、将来的にあって当たり前になる存在として捉え、そのような社会が実現した場合に起こり得る課題等も常に意識してビジネスを行なっていく所存です。

Members

金子洋介 Yosuke KANEKO

Founder & Director

Accenture Strategy Manager、Terra Drone 最高戦略責任者を経て現職。

梅田昌季 Masaki UMEDA

Operations Manager

茨城県出身。2020年東京大学工学部社会基盤学科卒。現在、同大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士課程在籍。途上国電化事業・政策に関する学術的知見をもとに、在学中よりシンクタンクや途上国電力系スタートアップにて従事。アフリカ・アジアにおける分散型社会インフラの実現に対するドローンのポテンシャルに魅力を感じ、SORA Technologyにジョイン。趣味はアジアの国境越え。

高木雄史 Takefumi TAKAGI

DX Designer

一級建築士。建築と都市のDX(Digital Transformation)、SX(Sustainability Transformation)を実現し、より人間らしくあるための将来形をデザインするためSORA Technologyに参画。潜在的なニーズを可視化する可視化型のファシリテーションも得意とする。

川島加奈惠 Kanae KAWASHIMA

Project Consultant

名古屋大学国際開発研究科修士課程修了。アクセンチュアでのコンサルタント経験を得て、主に東南アジアにおける国際協力プロジェクトに教育開発の専門家として参画。発展途上国での知見を活かし、プロボノとしてSORA Technologyにジョイン。

山田竜輝 Ryuki YAMADA

Engineer Intern

千葉県出身。2021年千葉工業大学工学部機械電子創成工学学科卒。現在、同大学院工学系研究科機械電子創成工学専攻修士課程在籍。
専門は、カルマンフィルタを活用した屋内GPSの精度向上。