「グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同」として、菅義偉首相に対し、民間企業の活力を発揮するグローバルヘルスへの取り組み強化に関する嘆願書提出

4月27日(火)に、渋澤健シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役CEOを代表とする、グローバルヘルス分野(地球規模課題としての保健医療分野、特に公衆衛生分野、感染症対策分野での支援及び事業)に貢献する日本企業の経営者有志「グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同」の一員として、弊社CEO金子は、菅義偉首相に対し、民間企業の活力を発揮するグローバルヘルスの取り組みを更に強化するよう嘆願させて頂きました。

要望書では、日本政府の政府開発援助(ODA)を通じたグローバルヘルス分野への貢献が、日本の民間企業の活力の観点においても意義が大きい点を強調し、その着実な実行に向けて民間企業の立場から要望を示しています。

詳細は以下よりご確認いただけます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000076537.html